経営している本屋で万引き被害に困っているなら防犯カメラ設置しよう!

本屋での万引き対策には防犯カメラ設置が効果的! 本屋での万引き対策には防犯カメラ設置が効果的!

万引き被害が多い本屋に防犯カメラ設置は必要不可欠

商売をしていると、どうしても万引き被害が出てしまいます。その中でも、万引き被害が多いと言われているのが本屋です。本屋での万引き問題はとても深刻なものです。ですので、万引き被害を回避するためにも、防犯カメラ設置を行いましょう。

本屋は万引き被害に遭いやすい

でも、どうして本屋での万引被害が多いのでしょうか。また、その被害額はどれくらいになるのでしょうか。本屋の被害を確認してみましょう。

万引きによる本屋の被害はどのくらいですか?
JPOや経産省が行った調査によると、「店頭から在庫の本が消える」その額を数字にすると、1日あたり約5,000円~9,000円と言われています。1年で換算すると、年間約300万円となります。この調査結果を見ても分かるように、本屋が減少している理由の中には、万引被害が多いことが挙げられます。このように本屋にとって、万引き問題は大きく影響しているのです。
本屋が狙われやすいのはどうしてでしょうか?
本屋が、万引き被害に遭いやすい理由は、2つあります。1つ目は「自分で読む事ができる事」2つ目が「換金性」です。本屋で、自分の読みたい本を盗み、その本を読み終わった後は、すぐに古本屋で売ることができます。「自分も楽しめ、楽をしてお金も手に入る」2つも欲求が叶えられるので、本屋での万引きが減らないのです。

被害によって店員の数も減っている

本屋での万引被害額が大きいと、人件費を確保することが難しくなり、本屋で働く店員の数が少なくなります。少人数体制では、店内隅々まで人の目が行き届かなくなり、さらに万引きの被害額が大きくなるという悪循環になるのです。万引き被害を防ぐため、店員を増やしたくても増やせない、そんな人手不足をカバーするために防犯カメラ設置を行いましょう。

防犯カメラ設置で万引きを未然に防ぐ

人手不足をカバーし、万引き被害を減らしたいなら、防犯カメラ設置が一番です。ここでは、防犯カメラ設置についての利点を紹介していきます。

防犯カメラ設置で万引きが防げる理由

本屋に防犯カメラ設置を行うと、どのような効果があるのでしょうか。

人手が少なくても目が行き届く
本屋には、たくさんの本を並べるための本棚があり、死角ができやすい上、本屋に勤務する店員の数が少なくなっているので、店の中でどうしても目が行き届かない場所があります。そんな場合、防犯カメラ設置を行うと、少ない人数でも、しっかりと店内を監視することができます。そのため、怪しい不審者を見つけたら、すぐに対応できるという利点があります。
抑止力がある
本屋に防犯カメラ設置を行うと、万引きの件数が低くなったという統計は、世界各国にあります。つまり、防犯カメラ設置を行うと、万引き抑止の効果が期待できるということです。また、万が一、万引き行為があったとしても、その映像をしっかりと記録しているので、誰が取ったのか検証することができます。防犯カメラ設置をするということは、本屋にとって利点が多いのです。

張り紙で防犯カメラ設置の効果を高める

防犯カメラ設置に加え、張り紙をして万引きの抑止効果を高める方法もあります。効果的に張り紙を使うには、万引きを行った場合、「どのような対処をするか」を具体的に記載することです。例えば注意書きとして、「映像は警察に提出します」や「学生の場合は、学校にも映像を提出します」など抑止力になるようなイメージしやすい言葉で、警告することがポイントです。

TOPボタン